まず『フォトリーディング』とは、
アメリカでポール・R・シーリィによって
開発された右脳を使った超高速情報処理プロセスで、
単なる速読法と思われているが、
右脳を活性化させる画期的なメソッドであるとされています。

『フォトリーディング』の特徴は、
1秒1ページのスピードでページをめくっていきます。

一度にページ全体を眺めるフォトフォーカスという
特殊な目の使い方で本の全体像を掴み、
自分に必要な情報をより早く正確に取り出せる状態になります。

また『フォトリーディング』を身に付けることによって、
脳が活性化され、頭の回転率が向上し、
より読書を堪能することができます。

 

このブログでは、『フォトリーディング』
身に付けるためにオススメしているのが、

 

速読トレーニングソフト『スマートリーディング』

 

を使ってトレーニングをすることです。

こちらの『スマートリーディング』であれば、
誰でも気軽にトレーニングすることができ、
今まで効果を発揮出来なかった方でも、
より効果を実感することが出来ます。



→→→『スマートリーディング』の詳細はこちら←←←

マインドマップの利点とは,どのようなものなのでしょうか?

ひとつ挙げるのならば,ブレインストーミングとよばれる,作文などをするときの下準備の作業のために活用できることです。

代表的なブレインストーミングのやり方には,フリーライティングとよばれる,ひたすら思いついたことを書きつづける方法や,マインドマップと類似した手法ではありますが,思いついたことを箇条書きする方法があります。これらは,英語圏の高等教育機関においては,作文における重要なスキルとして教えられています。

では,いくつかあるブレインストーミングのスキルにおいて,マインドマップがほかのものよりも勝っている要素とは,どのようなものなのでしょうか?



1.つくりやすいこと

マインドマップの第一の利点には,つくりやすさにあります。フリーライティングや箇条書きのように,ひたすら思いついたことを書く必要がありません。思いついたことを,手短に書いて,それに関連するキーワードについて考えることで,マインドマップをつくることができます。

さらには,フリーライティングや箇条書きとは異なって,マインドマップの作成においては,多くの時間を要するものではありません。限られた時間のなかで,ブレインストーミングをやるときには,マインドマップが効果的であると思います。

2.視覚的なアドバンテージ

マインドマップのもうひとつの利点は,視覚的なアドバンテージがあることです。わたしたちは,ブレインストーミングから得た情報や知識をもとにして作文を書くのですが,決められたテーマに沿って作文を書くにあたって,どの情報が一番大切なのか,そして,どの情報とどの情報が関連しているのかがすぐにわかる方法が効果的であるとされます。この作業を行うにあたって,フリーライティングや箇条書きの場合,作業に時間を要することが考えられます。フリーライティングや箇条書きですと,たくさん書いたことのなかから,必要な情報を見つけることは,少々時間の要る作業でもあります。

一方,マインドマップでは大切な情報や,関連している情報がすぐに見つかるので,作文を書くにあたって,必要な情報をすぐに見つけることができるというメリットがあります。まるで,地図で道路をたどるような感覚で,情報を集めたり,まとめたりすることができるのも,マインドマップの利点です。

・ひとりでも多くの人々に実践してほしい,マインドマップの使いやすさ

何かしらのアイデアを集める必要があるとき,そして,それらをまとめる必要があるときに,マインドマップが重宝されます。つくりやすさ,まとめやすさ,さらには,見やすさがあるからこそ,マインドマップが幅広く活用されているのだと思います。はじめのうちは,つくりにくさを感じるのかもしれませんが,すぐにその魅力がわかると思います。

→→→『スマートリーディング』の詳細はこちら←←←

スマートリーディング(スマートリーディング2も含めて)には,マインドマップを作成する機能があります。スマートリーディングでは速読マップとよばれていますが,この機能を十分に活用する方法を紹介します。

マインドマップをつくる人々が多くなったと思いますが,どうしても,さまざまな事情があって,フリーソフトに頼ってしまう人々が多くいると思います。

どうせ,マインドマップなんだから…,フリーソフトで十分だろうと思うかもしれません。

しかしながら,フリーソフトのほとんどには,その機能に「制約」あるいは「制限事項」がありますので,使いやすいソフトかと言われれば,そうではないと思います。



しかしながら,スマートリーディングでは,フリーソフトとは違い,ユーザーが自由にアレンジのできるマインドマップを作成することができます。

さらには,JPEG形式のファイルとして出力・保存することが可能です。こうすれば,ほかのファイルに貼りつけることも出来ます。

スマートリーディングのイメージというと,ついつい,速読のソフトであると思われがちですが,マインドマップをつくることもできるので,「かゆいところの手が届く」様な存在でもあります。

→→→『スマートリーディング』の詳細はこちら←←←

フォトリーディングの効果については、その個人差が大きいことから、近年ではその効果が
疑問視されてしまうことがあります。

しかしながら、脳を活性化させる、脳に何らかの良い刺激をもたらすという点においては、
何かしらの効果をもたらすものであることは、誰もが否定しないことだとおもいます。

フォトリーディングによって、読書のスキルが上達したという人々に会うことがありますが、
そのような結果の背景には、おそらくは、それによって何らかの効果を得たという、ある種
の思いこみかもしれません。それも、効果のひとつだとおもいます。

短期間に、たくさんのことを覚える必要にせまられたとき、フォトリーディングは役に立つ
といわれています。効果を得るためには、練習繰りかえすことが重要とされます。

練習を繰りかえすことによって、文章中に書かれている重要な点を把握する能力を身につけ
ることができますが、それこそフォトリーディングの効果のひとつであるといえるでしょう。

これは、ある種の学習スキルのようなものです。ですから、それを短期間で習得することは、
容易ではないのかもしれません。

皆さんのなかには、夜遅くまで学習塾に居残って、計算問題を解いたり、漢字の書きとりの
練習をしたり、あるいは、英単語の書きとりの練習をしたことがあったとおもいます。先生
のなかには、鬼・悪魔のような存在がいて、100回分の書きとりの練習しないと家に帰し
てくれなかったという先生もいたことでしょう。

そのような経験があった人は、そのときのことを思いだしてみてください。100回という、
数をこなす練習を経て、わたしたちは知識というものを、そして、学習スキルというものを
身につけました。100回というと、べらぼうな数ではありますが、数をこなしたからこそ、
それが身についたのです。

フォトリーディングは、誰もが身につけることのできるスキルなのです。

フォトリーディングを身につけることは、学習スキルや、仕事のスキル向上させるためには、
良いことだといえます。その効果は、脳を刺激することで、脳の機能を向上させることが第1
に挙げられるとおもいます。それは、思考するための能力の向上にもつながるでしょう。

生きるために必要な能力が得られることが、フォトリーディングの効果であるとおもいます。

 

フォトリーディングを身につけて、ステップアップした人生を手にしよう!

→→→『スマートリーディング』の詳細はこちら←←←

『フォトリーディングの権威として、
<勝間和代>さんの名前が上がることが最近は多いです。


もともとフォトリーディングが日本で広まったのは、
神田昌典さんが「あなたもいままでの10倍速く本が読める」
で紹介したことがきっかけでした。

有名な話ですが、実は勝間和代さん、
この神田昌典さんのお弟子さんなんですね。

2004年に神田昌典さんからフォトリーディングを学び、
それが現在大成功されている勝間和代さんの原点だそうです。

実は勝間和代さんはこれ以前から、

「今よりももっと本を読んで人よりも有利に立ちたい!」

という思いからフォトリーディングを勉強していて、
半年間は独学で学んでいたようですが。

10万円するセミナーを思い切って受講することにより、
一気に道が開けたんですね。

最近では「笑っていいとも」の
テレフォンショッキングに出演されて
タモリさんとのやり取りが印象的でした。

タモリさんの

「年間500冊も読んでんだ。多いねぇ。どうやって読んでるの?」

という問いかけに勝間和代さんは

「まず著者と対話をするためにプロフィール、前がきを読みます。

そして1回目はスゴイ速さでどんどんページをめくっていきます。

そのあともう1回、最初から普通に読むと、驚くほど速く読めるんですよ。

そして、読む価値の無い本だと思ったら、スグに読むのをやめるのが大切です。」


やり方を実に分かりやすく説明されていました。




その勝間和代さんも今では定期的に
2日間集中セミナーをされていて、
やっぱり値段は10万円。

価格も価格なので、このセミナーに参加される方は、
独学で半年くらい勉強して、

「このままじゃラチがあかない・・・」


と思って、2日間集中セミナーに申し込みを決意するようです。


独学では難しい、かといってセミナーは手が出ない。
こういった考えの方が多いようですね。

けど・・・

その2つのいいとこどりの存在。

独学よりも効果があり、セミナーよりも格段に低価格で
フォトリーディングをマスターできるとしたら。

そのやり方知りたいですか?

 

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』☜☜☜


 

フォトリーディングのセミナーというのは、
土日の2日間をフルに使って、集中して行うというものが多いです。

 

間隔が空いてしまうと、学習の効果が薄くなってしまうのでしょうね。

 

セミナーの内容は基本的には書籍の

『あなたもいままでの10倍速く本が読める 』(ポール・シーリー)

の内容に沿って進められていきます。

 

もちろん習得するためには、書籍だけでは効果は薄く
実際に講師の方に直接教わらないと分からないところもありますので、
その辺りでセミナーは人気を集めています。

 

ちなみに2日間集中講座は座学だけではありません。

 

体を動かしながらの講義があったり、
周囲の人と一緒に取り組む演習があったりと
丸2日間の長丁場でも飽きることがないようにと
色々な工夫がされています。

 

このように、良いところが沢山あるのですが、
ネックになるのが、やはり受講料です。

 

2日間集中のセミナーはいくつかありますが、
価格は10万5千円で統一されています。

 

なかなかポンと出せる金額ではありませんね(苦笑)

 

ただこれほど、強烈な効果はありませんが、
着実にフォトリーディングを身に付けられるソフトがあります。

 

それが【スマートリーディング】というソフトです。

 

このソフトでは速読も合わせて学習していくことができます。

 

速読界の第一人者、斉藤英治先生の「斉藤流速読法」も
動画で学ぶことが出来るので、学習効果も高いです。

 

価格はセミナーの10分の1以下。

 

「セミナーには手が出ないけど、これなら」

と思われましたら、詳細はこちらからご覧になれます。

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』☜☜☜

 

『フォトリーディングを応用する』とは、
フォトリーディングを活性化させる=
アクティベーションとも呼ばれています。

今回は、その”アクティベーション”のやり方
について説明していきます。

 

先ずは、”ポストビュー”と呼ばれる本の
内容の復習法です。

これは、フォトリーディングした本の内容全体を
把握して活性化させる準備をすることを
目的としています。

まずは本をめくって全体の構成を
抑えて要点を掴みます。

次に本のキーワードを書き出し、
疑問点を明確にします。

この時疑問の答えを見つけるために
本を熟読しないようにします。

”ポストビュー”は、フォトリーディング直後に
約10分行うと効果的です。

次に記事や本を斜め読みしてキーワードを探します。

記事の場合5~10個、本の場合は20~30個の
キーワードが含まれています。

また、キーワードは表紙や目次、
索引にも多く含まれています。

この時も機械的にキーワードを探すだけで
そのキーワードについて深く
掘り下げないことが大事です。

ここまでがポストビューの一連の作業です。

ポストビューが終了したら時間をおいて
生産的休息を取り情報を熟成させます。

この間に、フォトリーディングで得た新規の情報が
無意識のうちに脳内の既存情報と結びついていきます。

生産的休息には短ければ数分から長ければ
一晩かけて取るようにしましょう。

 

ここまでが終了したら今度は、
”スーパーリーディング”です。

これは斜め読みのことです。

縦書きであれば右から左へ、
横書きであれば上から下へ読み勧めます。

このとき必要なのは自分が欲している
情報が何かを明確にしておくことです。

そして、出来るだけ視野を
広く持って行いましょう。

そうすれば脳が答えとなる情報を
自然と見つけ出してくれます。

スーパーリーディングで気になった部分は、
もう一度内容を理解できる程度に
軽く流し読みしてみましょう。

これを”ディッピング”と言います。

ここで気をつけなければならないのは、
やはり熟読しないことです。

熟読してしまっては、
普通の読書と変わらなくなります。

1箇所のディッピングで読む文章のボリュームは、
本の場合は1~2ページ、
記事の場合は1段落か2段落以内にします。

 

最後に”マインドマップ”を作ります。

これは情報整理の手段です。

なるべく大きめの紙と数色のサインペンを用意します。

まず横にした紙の中央にテーマを記します。

これはキーワードを示す絵や記号でもかまいません。

そのテーマから放射状に枝を伸ばして
キーワードA、B、C…を記載していきます。

更にそのキーワードから放射状に枝を伸ばして
キーワードa、b、c…と言った具合に記載していきます。

このときに色や文字の大きさを変えたり
矢印などの記号を使うと
イメージが掴みやすくなります。

この作業も答えを得るためのものではありません。

あくまでもフォトリーディングで得た情報を
整理するための作業だと心得ましょう。

 

以上の『フォトリーディングの応用』ですが、
簡単に学習出来てしまうパソコンソフトがあります。

そのパソコンソフトとは…

 

速読トレーニングソフト『スマートリーディング』

 

です。

こちらの『スマートリーディング』を使って
トレーニングしていただければ、
誰でもフォトリーディングを身に付けることが可能です。

 



 

自宅で気軽にトレーニングができ、
尚且つ高い効果を実感することが出来ます。

 

是非ともこの

 

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』☜☜☜

 

をお試しになってみてください。

『フォトリーディング』『速読』は、単に『速読』を英語読みしたのが
『フォトリーディング』だと思っている方も居ると思いますが、
実際は同じようで意味合いが少し違います。

どちらも『本を早く読める』という点では同じですが、
学習の仕方が少し違います。

では『フォトリーディング』と『速読』の違いとは?

単に早く読むだけではなく、
あらかじめ意識下で活字情報を処理させて、
内容の理解度の高い情報処理が可能になります。


『フォトリーディング』の特徴は、
1秒1ページのスピードでページをめくっていきます。

一度にページ全体を眺めるフォトフォーカスという
特殊な目の使い方で本の全体像を掴み、
自分に必要な情報をより早く正確に取り出せる状態になります。


その後『文書の要点は?』『会議に役立つ情報は?』などの
質問を自分に投げかけて脳を活性化し、必要な情報を取り出します。

多量の文字を文書として高速で読み込もうとした場合、
上記の「知覚的防衛」によって情報の一部取り込めない、
という意識の作用が生じます。

ページ全体をイメージとして取り込むことにより、
脳の持つ高速な画像情報処理が行われ、
文書の内容に対してなじみ感が生じます。

その結果、

改めて目を通す際に必要な情報に目が留まりやすくなります。

この『フォトリーディング』を行うことにより、
単に早く読むだけではなく、
内容の理解度の高い情報処理が可能になります。

あらかじめ意識下で活字情報を処理させておき、
その後情報を意識上に取り出していきます。

以上の様に、『速読』は数行単位のブロックの固まりで読んでいくのに対し、
『フォトリーディング』は、1ページを写真の様に読み取って記憶していきます。

そんな『速読』、『フォトリーディング』の両方の
トレーニングをすることが出来る素晴らしいソフトがあります。

それは、

速読トレーニングソフト『スマートリーディング』です。

こちらのソフトであれば、自宅で気軽にトレーニングができ、
効果を実感することが出来ます。

もし『速読』、『フォトリーディング』に関して少しでも
悩みがある方は、是非『スマートリーディング』
試してみてはいかがでしょうか?

『スマートリーディング』についての詳細はこちら

『フォトリーディングの活性化』『アクティベーション』とも呼ばれます。

●本の内容を復習する(ポストビュー)
復習の目的は、フォトリーディングした本の全体を把握して、活性化の準備をすることです。

①本をめくって全体の構成を抑えて、要点を掴む
②本のキーワードを書き出す
③疑問点を浮かび上がらせる
④上記を繰り返す


内容への好奇心と答の探究心を高めることは重要ですが、疑問の答を見つけようとして、本を熟読しないようにします。

復習は、フォトリーディング直後に約10分で行うと効果的です。

●キーワードを探す
記事や本を斜め読みして、キーワードを探します。

・記事の場合は、5~10個
・本の場合は、20~30個


表紙、目次、索引には、キーワードが多く含まれています。

本であれば、内容にもよりますが、2~3分でキーワードが見つかるでしょう。

●生産的急速で情報を熟成させる
復習が終了したら、時間をおいて情報を熟成させる生産的休息を取ります。

気分転換をしている間に、フォトリーディングで得た新規の情報が脳内の既存の知識と結びついていきます。

生産的休息には、短ければ数分、長ければ一晩を取ります。

●スーパーリーディング
『スーパーリーディング』とは、本を流れるように見ていきながら、必要な情報を探す方法です。

・縦書きの場合は、右から左へ
・横書きの場合は、上から下へ

視野を広くして、明確な目的を持って、スーパーリーディングを行うと自然に、脳が答になる情報を見つけ出してくれます。

●ディッピング
『ディッピング』とは、本の中から目的を満たす記述を探し、内容を理解できる程度に簡単に読むことです。

スーパーリーディングで気になった部分では、ディッピングに切り替えて情報を取得します。

ディッピングしすぎることは、『オーバーディッピング』と呼ばれ、通常の読書と変わらなくなってしまうので、注意が必要です。

1箇所のディッピングで読む文章は、本の場合は1~2ページ、記事の場合は1~2段落以内にします。

●スキタリング
『スキタリング』とは、拾い読みの方法で、J.マイケル・ベネット博士が考案しました。

アメンボが水面で軽快に走る様子を、スキタリングと言います。

①各段落の最初の文章を読む
②その段落から、主題に関連する言葉を拾う
③その段落の最後の文章を読む


スキタリングは、長い文章を読むときに効果的です。

「通常の読書」「フォトリーディング」には、次のような違いがあります。

【通常の読書】
・一字一句を丁寧にゆっくりと読む
・受動的に全体を理解する
・一度だけ読む

【フォトリーディング】
・1秒当たり1ページの速度でページをめくる
・能動的に必要な情報だけを入手する
・何度も繰り返し読む

通常の読書は、左脳の顕在意識を利用しており、読んだ瞬間に内容を理解します。

一方、フォトリーディングは、右脳の潜在意識を利用しており、読んでから理解するまでに時間が掛かると言われています。

顕在意識と潜在意識の情報処理の速度は、それぞれ毎秒40ビットと1000万ビットと言われています。

潜在意識で吸収した情報を顕在意識で理解するのが、効果的な読書です。

フォトリーディングは、以下の手順で行います。

①本を用意する
・めくりやすいソフトカバーの本を用意する
・最初はページが分厚いものや字が小さいものを避け、童話や小学生向きの本を選ぶと良い

②本を高速でめくる
・縦書きであれば右手の平に本を乗せ、左手の親指でしごくように約1秒で全ページをめくる
・10回繰り返すが、内容を読もうとしなくて構わない

③本を中速でめくる
・高速のときと同じ要領で、約5ページで全ページをめくる
・10回繰り返すが、内容を読もうとしなくて構わない

④本を低速でめくる
・高速・中速のときと同じ要領で、約10秒で全ページをめくる
・10回繰り返すが、内容を読もうとしないで構わない

⑤本の内容を書く
・「高速・中速・低速」でめくって読めた内容を出来るだけ書き出す
・最初はほとんど書けなくても、続けることにより段々見出しんどが書けるようになってくる

以上のように、「通常の読書」「フォトリーディング」では比べにならないほど違いがあります。

通常の読書でも、十分に本を楽しむことが出来ますが、フォトリーディングを利用して読書をした方が、時間も有効活用でき、視野を広げたり、情報を引き出す速さ、理解度が向上し更なる読書の楽しみ方を満喫出来ます。

そんな「フォトリーディング」ですが、自宅で気軽にトレーニングできるオススメの方法があります。

それは、インターナル社が販売している「スマートリーディング」というパソコンソフトを使ってトレーニングすることです。

「スマートリーディング」であれば、習慣的にトレーニングすることができ、尚且つ効果を実感することも出来ます。

もし「フォトリーディング」のトレーニング方法で悩みがある方は、この「スマートリーディング」を使ってみてはいかがでしょうか。

「スマートリーディング」についての詳細はこちら

ページランク

  • SEOブログパーツ
ブログランキング・にほんブログ村へ




人気ブログランキングへ